FavoriteLoadingお気に入りに追加

日本は初回。1死から黒田義信外野手(九州国際大付)、松尾汐恩捕手(大阪桐蔭)の連打で一、三塁の好機を作ると4番・内海優太内野手(広陵)が中前適時打を放ち、先制した。

 さらに、2回には3番手で登板した韓国ドラフト全体1位、前回の日本戦で163キロ(101マイル)の豪速球を投じたキム・ソヒョン投手から、1死満塁の好機を作ると、黒田が押し出し四球、松尾が左前2点適時打を放ち、3点を追加。

続く、内海が四球を選び、満塁と攻めた。ここでキムは降板。4番手の左腕ユン・ヨンチョルがマウンドに上がっても攻撃の手は緩めず、渡部海捕手(智弁和歌山)が、左前2点適時打を放ち、この回一挙5点を奪った。

 投げては先発の生盛亜勇太投手(興南)が、4回に2ランを浴びるも4イニングを3安打2失点の力投。2番手の川原嗣貴投手(大阪桐蔭)は3回無失点に抑え、チームを勝利に導いた。川原は今大会最多タイの3勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得した。

 宿敵・韓国には15日(同16日)のスーパーラウンド初戦で0-8の大敗を喫していたが、この日は打線が11安打6得点とつながり、リベンジに成功。2017年以来、5年ぶりの銅メダル獲得となった。

チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UC5htBo8UXfhOW0LoHTI823w?sub_confirmation=1

#第30回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ#韓国#第3位

https://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/U18330-WBSC-U-181836-2.jpghttps://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/U18330-WBSC-U-181836-2-225x150.jpgtsutomu侍ジャパン日本は初回。1死から黒田義信外野手(九州国際大付)、松尾汐恩捕手(大阪桐蔭)の連打で一、三塁の好機を作ると4番・内海優太内野手(広陵)が中前適時打を放ち、先制した。  さらに、2回には3番手で登板した韓国ドラフト全体1位、前回の日本戦で163キロ(101マイル)の豪速球を投じたキム・ソヒョン投手から、1死満塁の好機を作ると、黒田が押し出し四球、松尾が左前2点適時打を放ち、3点を追加。 続く、内海が四球を選び、満塁と攻めた。ここでキムは降板。4番手の左腕ユン・ヨンチョルがマウンドに上がっても攻撃の手は緩めず、渡部海捕手(智弁和歌山)が、左前2点適時打を放ち、この回一挙5点を奪った。  投げては先発の生盛亜勇太投手(興南)が、4回に2ランを浴びるも4イニングを3安打2失点の力投。2番手の川原嗣貴投手(大阪桐蔭)は3回無失点に抑え、チームを勝利に導いた。川原は今大会最多タイの3勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得した。  宿敵・韓国には15日(同16日)のスーパーラウンド初戦で0-8の大敗を喫していたが、この日は打線が11安打6得点とつながり、リベンジに成功。2017年以来、5年ぶりの銅メダル獲得となった。 チャンネル登録はこちら https://www.youtube.com/channel/UC5htBo8UXfhOW0LoHTI823w?sub_confirmation=1 #第30回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ#韓国#第3位野球動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。