FavoriteLoadingお気に入りに追加

野球日本代表「侍ジャパン」は2日会見を開き、トップチームの新監督に栗山英樹氏(60)が就任したことを発表しました。
栗山監督は2012年から日本ハムの監督10年間務め、今季限りで退任しました。
日本ハムの監督時代は就任1年目でリーグ優勝を果たし、大谷翔平選手(現エンゼルス)を二刀流として育て上げ16年には日本一に。監督としては球団最多の684勝を挙げています。

栗山監督は会見で「歴代の素晴らしい監督の思いを胸に刻んで前に進んでいきたい。
日本野球のために結束してWBC優勝できるように全力を尽くしていきます。誰よりも野球を愛して、選手を愛して務めていきたい」と意気込みを述べました。

栗山新監督が率いる侍ジャパンは23年に開催を目指している第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一を目指します。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/12/J2021122.jpghttps://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/12/J2021122-225x150.jpgtsutomu侍ジャパン野球日本代表「侍ジャパン」は2日会見を開き、トップチームの新監督に栗山英樹氏(60)が就任したことを発表しました。 栗山監督は2012年から日本ハムの監督10年間務め、今季限りで退任しました。 日本ハムの監督時代は就任1年目でリーグ優勝を果たし、大谷翔平選手(現エンゼルス)を二刀流として育て上げ16年には日本一に。監督としては球団最多の684勝を挙げています。 栗山監督は会見で「歴代の素晴らしい監督の思いを胸に刻んで前に進んでいきたい。 日本野球のために結束してWBC優勝できるように全力を尽くしていきます。誰よりも野球を愛して、選手を愛して務めていきたい」と意気込みを述べました。 栗山新監督が率いる侍ジャパンは23年に開催を目指している第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一を目指します。 https://news.tv-asahi.co.jp野球動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。