FavoriteLoadingお気に入りに追加

プロ野球ニュース 【侍JAPAN】巨人・坂本勇人「すごく鮮明に記憶に残っている」チョー気持ちいい金へ北島康介魂
https://www.youtube.com/channel/UCvGSd4HiJqSiTamECX5eZDw?sub_confirmation=1 東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(48)が、“稲葉流日替わり打線”のキーマンに巨人・坂本勇人内野手(32)を指名した。坂本は“北島魂”を受け継ぎ、五輪モードに突入する。19日からは侍ジャパン直前合宿がスタート。代表では「(自分が)いい結果、悪い結果、どういう結果だろうとチームが勝てばいい」とチームファーストを貫くことを明かした。
過去の五輪で心を揺さぶられた人物がいる。元競泳男子平泳ぎで04年アテネ、08年北京の2大会連続2冠に輝いた北島康介だ。特に「学生の頃かな?」と懐かしむようにアテネ時が印象に強い。生まれた名セリフ「気持ちいい。チョー気持ちいい」を含め“北島フィーバー”を巻き起こした瞬間を「すごく鮮明に記憶に残っている」と振り返る。
無観客試合となるが坂本も画面越しに“チョー気持ちいい”瞬間を国民へと届けるつもりだ。「特に個人競技の人たちは僕が感じたことがないプレッシャーの中で何年も練習を重ねてきたことをあの一瞬にぶつける。そういう難しさの中で戦っているのは、僕が想像できるようなレベルの話じゃないのかなと思ってテレビ画面越しで見ていました」。自身も1試合、1打席、1球に魂を込めて戦う。
これまでWBCやプレミア12など数々の国際試合で日の丸を背負ってきたが、五輪だけは未経験。「毎回オリンピックというのは個人的にも楽しみに見ていましたし、そういう場で自分もプレーできる機会があるのは幸せだな、と」。もちろん金メダルしか見ていない。夢見ていた舞台で、最高の思い出を作る。(小林 圭太)
◇04年アテネ五輪の北島 男子100メートル平泳ぎでは1分0秒08をマークし、宿敵ブレンダン・ハンセン(米国)を破り優勝した。五輪競泳で日本選手の優勝は1992年バルセロナ大会女子200メートル平泳ぎの岩崎恭子以来。男子100メートル平泳ぎでは72年ミュンヘン大会の田口信教以来、32年ぶりの金メダルだった。飛び出した名言とともに勢いに乗ると、男子200メートル平泳ぎでも2分9秒44の五輪新記録(当時)で快勝。日本人スイマーとして初の2冠を達成し、時の人となった。

https://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/07/unnamed-file-494.jpghttps://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/07/unnamed-file-494-225x150.jpgtsutomu侍ジャパンプロ野球ニュース 【侍JAPAN】巨人・坂本勇人「すごく鮮明に記憶に残っている」チョー気持ちいい金へ北島康介魂 https://www.youtube.com/channel/UCvGSd4HiJqSiTamECX5eZDw?sub_confirmation=1 東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(48)が、“稲葉流日替わり打線”のキーマンに巨人・坂本勇人内野手(32)を指名した。坂本は“北島魂”を受け継ぎ、五輪モードに突入する。19日からは侍ジャパン直前合宿がスタート。代表では「(自分が)いい結果、悪い結果、どういう結果だろうとチームが勝てばいい」とチームファーストを貫くことを明かした。 過去の五輪で心を揺さぶられた人物がいる。元競泳男子平泳ぎで04年アテネ、08年北京の2大会連続2冠に輝いた北島康介だ。特に「学生の頃かな?」と懐かしむようにアテネ時が印象に強い。生まれた名セリフ「気持ちいい。チョー気持ちいい」を含め“北島フィーバー”を巻き起こした瞬間を「すごく鮮明に記憶に残っている」と振り返る。 無観客試合となるが坂本も画面越しに“チョー気持ちいい”瞬間を国民へと届けるつもりだ。「特に個人競技の人たちは僕が感じたことがないプレッシャーの中で何年も練習を重ねてきたことをあの一瞬にぶつける。そういう難しさの中で戦っているのは、僕が想像できるようなレベルの話じゃないのかなと思ってテレビ画面越しで見ていました」。自身も1試合、1打席、1球に魂を込めて戦う。 これまでWBCやプレミア12など数々の国際試合で日の丸を背負ってきたが、五輪だけは未経験。「毎回オリンピックというのは個人的にも楽しみに見ていましたし、そういう場で自分もプレーできる機会があるのは幸せだな、と」。もちろん金メダルしか見ていない。夢見ていた舞台で、最高の思い出を作る。(小林 圭太) ◇04年アテネ五輪の北島 男子100メートル平泳ぎでは1分0秒08をマークし、宿敵ブレンダン・ハンセン(米国)を破り優勝した。五輪競泳で日本選手の優勝は1992年バルセロナ大会女子200メートル平泳ぎの岩崎恭子以来。男子100メートル平泳ぎでは72年ミュンヘン大会の田口信教以来、32年ぶりの金メダルだった。飛び出した名言とともに勢いに乗ると、男子200メートル平泳ぎでも2分9秒44の五輪新記録(当時)で快勝。日本人スイマーとして初の2冠を達成し、時の人となった。野球動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。