FavoriteLoadingお気に入りに追加

菊池涼介, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2455687 / CC BY SA 3.0

#日本の野球選手
#中京学院大学硬式野球部の選手
#広島東洋カープ及び広島カープの選手
#NPBオールスターゲーム選出選手
#野球日本代表選手
#WBSCプレミア12日本代表選手
#ワールド・ベースボール・クラシック日本代表選手
#2017_ワールド・ベースボール・クラシック選手
#2019_WBSCプレミア12選手
#WBSCプレミア12優勝選手
菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日 – )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。
右投右打。
広島東洋カープ所属。
愛称は「キク」、「忍者」。
二塁手としていずれもNPB記録であるシーズン535補殺、シーズン守備率10割(無失策)を記録し、8年連続でゴールデングラブ賞を受賞。
中学生時代まで東大和市で暮らした後に、長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校へ進学。
在学中のポジションは三塁手だったが、春夏ともに全国大会へ出場できなかった。
高校卒業後に、東海地区大学野球連盟岐阜学生リーグに所属する中京学院大学へ進学。
1年時の春からリーグ戦に出場すると、ベストナインに5回選ばれるなど、リーグ屈指の遊撃手として活躍した。
2年時に三冠王にも輝く一方で、チームが9回の時点でリードを保っている局面では、投手として登板していた。
2011年10月27日に行われたプロ野球ドラフト会議で広島東洋カープから2巡目指名を受けて、契約金7,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)で契約。
なお、指名の直後には、自身と同じ内野手出身で当時の一軍監督・野村謙二郎が現役時代に着用していた背番号「7」を希望していたが、入団後に与えられた背番号は「33」であった。
2012年は公式戦の開幕を二軍で迎えたが、俊足巧打が首脳陣に評価されたことから、6月30日の対横浜DeNAベイスターズ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)5回裏に代打で一軍デビュー。
7月に東出輝裕が怪我で戦線を離脱すると、以降は二塁手として出場し東出の穴を埋める活躍を見せた。
2013年には、一軍公式戦の開幕から二塁手のレギュラーに定着。
141試合の出場で打率.247、11本塁打を記録した。
その一方で、セントラル・リーグ1位の50犠打を記録したことで、2001年に東出が達成したチームのシーズン記録(49犠打)も上回った。
守備面では、二塁手としてリーグ最多の18失策を喫したが、9月26日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)でシーズン497個目の補殺を記録。
この時点で日本野球機構の一軍公式戦における二塁手としての最多補殺記録を達成すると、レギュラーシーズンが終了するまでに記録を528補殺まで伸ばした。
オフの11月に台湾で開催れた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」の日本代表に選出された。
打席での菊池(2014年9月6日、横浜スタジアムにて) 2014年は二塁手として一軍公式戦全144試合に出場。
6月に開催された18試合全てで安打を放つなど打撃面でも飛躍を遂げ、リーグトップの39二塁打、2年連続の11本塁打を放ったほか、打率.325、188安打(いずれもリーグ2位)という成績を収めた。
シーズン188安打は嶋重宣が2004年にマークした球団記録の189安打にあと1本まで迫る、球団歴代2位の好記録であった。
また、20試合連続安打を1シーズンに2度記録した。
NPBの一軍公式戦でこの記録を達成したのは平井正明(1950年)・イチロー(1994年)に次いで3人目。
また、前年に自身で達成した二塁手としてのシーズン補殺数の日本記録を535にまで更新した。
オフの11月に開催された日米野球の日本代表に選出された。
この強化試合では日本代表の正二塁手として打率.381を記録(詳細後述)。
2015年はシーズン開幕前の3月に開催された「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出された。
第1戦(3月10日)に「2番・二塁手」としてスタメンに起用されたほか、翌11日の第2戦にも途中から出場した。
シーズンでは2年連続で一軍公式戦全試合に出場。
打撃面では、打率.254、8本塁打、32打点で、2013年のレギュラー定着後最低の成績に終わった。
なお、11月開催の第1回WBSCプレミア12の日本代表には候補には選出されたが、最終発表で外れた。
2016年はシーズン開幕前の2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペ…

https://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/06/unnamed-file-24.jpghttps://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/06/unnamed-file-24-225x150.jpgtsutomu侍ジャパン菊池涼介, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2455687 / CC BY SA 3.0 #日本の野球選手 #中京学院大学硬式野球部の選手 #広島東洋カープ及び広島カープの選手 #NPBオールスターゲーム選出選手 #野球日本代表選手 #WBSCプレミア12日本代表選手 #ワールド・ベースボール・クラシック日本代表選手 #2017_ワールド・ベースボール・クラシック選手 #2019_WBSCプレミア12選手 #WBSCプレミア12優勝選手 菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日 - )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。 右投右打。 広島東洋カープ所属。 愛称は「キク」、「忍者」。 二塁手としていずれもNPB記録であるシーズン535補殺、シーズン守備率10割(無失策)を記録し、8年連続でゴールデングラブ賞を受賞。 中学生時代まで東大和市で暮らした後に、長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校へ進学。 在学中のポジションは三塁手だったが、春夏ともに全国大会へ出場できなかった。 高校卒業後に、東海地区大学野球連盟岐阜学生リーグに所属する中京学院大学へ進学。 1年時の春からリーグ戦に出場すると、ベストナインに5回選ばれるなど、リーグ屈指の遊撃手として活躍した。 2年時に三冠王にも輝く一方で、チームが9回の時点でリードを保っている局面では、投手として登板していた。 2011年10月27日に行われたプロ野球ドラフト会議で広島東洋カープから2巡目指名を受けて、契約金7,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)で契約。 なお、指名の直後には、自身と同じ内野手出身で当時の一軍監督・野村謙二郎が現役時代に着用していた背番号「7」を希望していたが、入団後に与えられた背番号は「33」であった。 2012年は公式戦の開幕を二軍で迎えたが、俊足巧打が首脳陣に評価されたことから、6月30日の対横浜DeNAベイスターズ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)5回裏に代打で一軍デビュー。 7月に東出輝裕が怪我で戦線を離脱すると、以降は二塁手として出場し東出の穴を埋める活躍を見せた。 2013年には、一軍公式戦の開幕から二塁手のレギュラーに定着。 141試合の出場で打率.247、11本塁打を記録した。 その一方で、セントラル・リーグ1位の50犠打を記録したことで、2001年に東出が達成したチームのシーズン記録(49犠打)も上回った。 守備面では、二塁手としてリーグ最多の18失策を喫したが、9月26日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)でシーズン497個目の補殺を記録。 この時点で日本野球機構の一軍公式戦における二塁手としての最多補殺記録を達成すると、レギュラーシーズンが終了するまでに記録を528補殺まで伸ばした。 オフの11月に台湾で開催れた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」の日本代表に選出された。 打席での菊池(2014年9月6日、横浜スタジアムにて) 2014年は二塁手として一軍公式戦全144試合に出場。 6月に開催された18試合全てで安打を放つなど打撃面でも飛躍を遂げ、リーグトップの39二塁打、2年連続の11本塁打を放ったほか、打率.325、188安打(いずれもリーグ2位)という成績を収めた。 シーズン188安打は嶋重宣が2004年にマークした球団記録の189安打にあと1本まで迫る、球団歴代2位の好記録であった。 また、20試合連続安打を1シーズンに2度記録した。 NPBの一軍公式戦でこの記録を達成したのは平井正明(1950年)・イチロー(1994年)に次いで3人目。 また、前年に自身で達成した二塁手としてのシーズン補殺数の日本記録を535にまで更新した。 オフの11月に開催された日米野球の日本代表に選出された。 この強化試合では日本代表の正二塁手として打率.381を記録(詳細後述)。 2015年はシーズン開幕前の3月に開催された「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出された。 第1戦(3月10日)に「2番・二塁手」としてスタメンに起用されたほか、翌11日の第2戦にも途中から出場した。 シーズンでは2年連続で一軍公式戦全試合に出場。 打撃面では、打率.254、8本塁打、32打点で、2013年のレギュラー定着後最低の成績に終わった。 なお、11月開催の第1回WBSCプレミア12の日本代表には候補には選出されたが、最終発表で外れた。 2016年はシーズン開幕前の2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペ...野球動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。