FavoriteLoadingお気に入りに追加

に貢献し、2勝目(1敗)を挙げた。チームは3分けを挟んで4連勝となった。

 試合後、田中将はお立ち台で「常に走者を背負った状況で、見ている皆さんにもストレスのかかるイニングが多かった。その中で無失点で切り抜けられたのでよかった」と、4回以外は全て走者を置いての投球だった106球を振り返った。

 得点圏に走者を置いた2回、3回、5回のピンチでは特に出力を上げたストレート勝負が目立ったが、田中将は「前回までの登板に比べたらよかったと思う。打者の反応を見ながら投球していった感じですかね。登板間の調整の中で、ある程度手ごたえみたいなものは感じていたので、それをうまく出せてよかった」と語った。

 それでも右腕はこの日の投球全体について「特別よかったという球種はなかったです。スプリットもきつかった、スライダーも自分で思うように操れていなかった」と満足度は低め。「僕自身、まだ(相手)打者のことは知らないことが多いので、その辺は(太田)光のことを頼りにしていますし、基本そこは任せながら

https://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/05/unnamed-file-34.jpghttps://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/05/unnamed-file-34-225x150.jpgtsutomu田中将大に貢献し、2勝目(1敗)を挙げた。チームは3分けを挟んで4連勝となった。  試合後、田中将はお立ち台で「常に走者を背負った状況で、見ている皆さんにもストレスのかかるイニングが多かった。その中で無失点で切り抜けられたのでよかった」と、4回以外は全て走者を置いての投球だった106球を振り返った。  得点圏に走者を置いた2回、3回、5回のピンチでは特に出力を上げたストレート勝負が目立ったが、田中将は「前回までの登板に比べたらよかったと思う。打者の反応を見ながら投球していった感じですかね。登板間の調整の中で、ある程度手ごたえみたいなものは感じていたので、それをうまく出せてよかった」と語った。  それでも右腕はこの日の投球全体について「特別よかったという球種はなかったです。スプリットもきつかった、スライダーも自分で思うように操れていなかった」と満足度は低め。「僕自身、まだ(相手)打者のことは知らないことが多いので、その辺は(太田)光のことを頼りにしていますし、基本そこは任せながら野球動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。