FavoriteLoadingお気に入りに追加

藤川球児氏が分析…ヤクルト・石川雅規の投球術がオリ吉田正ら翻ろう、日本一は実力伯仲でまだ見えない(スポーツ報知)
マウンドでハイタッチを交わす山田哲人、村上宗隆らナイン(カメラ・石田 順平)◆SMBC日本シリーズ2021 第4戦 ヤクルト2―1オリックス(24日・東京ドーム)  「SMBC 日本シリーズ2021」第4戦は、ヤクルトがオリックスを1点差で破り、3勝1敗で20年ぶりの日本一へ王手をかけた。先発した石川が、直球は130キロ台前半ながら変幻自在の投球で6回3安打1失点。41歳10か月のシリーズ勝利は左腕最年長、セ・リーグでも最年長の快挙となった。2勝1敗から王手をかけたチームのV率は96%。前年最下位から日本一になれば、1960年の大洋以来、実に61年ぶりとなる。スポーツ報知評論家の藤川球児氏は「日本一は実力伯仲でまだ見えない」と分析した。  * * *  僅差の点差で試合が進むにつれ、勝敗の行方はヤクルトの守護神・マクガフ次第だとみていた。9回先頭の宗は初球を中飛、吉田正も初球を右前安打。直球でファウルを取れず、決していい状態とはいえなかった。それでも、中村の好リードが光った。1死一塁から、4番・杉本への1ボール2ストライクからの4球目。バットを短く持った主砲に対し、強気に懐を攻め

https://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/11/unnamed-file-279.jpghttps://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/11/unnamed-file-279-225x150.jpgtsutomu藤川球児藤川球児氏が分析…ヤクルト・石川雅規の投球術がオリ吉田正ら翻ろう、日本一は実力伯仲でまだ見えない(スポーツ報知) マウンドでハイタッチを交わす山田哲人、村上宗隆らナイン(カメラ・石田 順平)◆SMBC日本シリーズ2021 第4戦 ヤクルト2―1オリックス(24日・東京ドーム)  「SMBC 日本シリーズ2021」第4戦は、ヤクルトがオリックスを1点差で破り、3勝1敗で20年ぶりの日本一へ王手をかけた。先発した石川が、直球は130キロ台前半ながら変幻自在の投球で6回3安打1失点。41歳10か月のシリーズ勝利は左腕最年長、セ・リーグでも最年長の快挙となった。2勝1敗から王手をかけたチームのV率は96%。前年最下位から日本一になれば、1960年の大洋以来、実に61年ぶりとなる。スポーツ報知評論家の藤川球児氏は「日本一は実力伯仲でまだ見えない」と分析した。  * * *  僅差の点差で試合が進むにつれ、勝敗の行方はヤクルトの守護神・マクガフ次第だとみていた。9回先頭の宗は初球を中飛、吉田正も初球を右前安打。直球でファウルを取れず、決していい状態とはいえなかった。それでも、中村の好リードが光った。1死一塁から、4番・杉本への1ボール2ストライクからの4球目。バットを短く持った主砲に対し、強気に懐を攻め野球動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。