FavoriteLoadingお気に入りに追加

横浜市立横浜商業高等学校, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=237864 / CC BY SA 3.0

#横浜市の公立高等学校
#日本の商業に関する学科設置高等学校
#日本の体育に関する学科設置高等学校
#日本の国際関係に関する学科設置高等学校
#日本のその他専門教育を施す学科設置高等学校
#横浜市南区の学校
#全国高等学校野球選手権大会出場校
#選抜高等学校野球大会出場校
#全国高等学校ラグビーフットボール大会出場校
#1882年設立の教育機関
横浜市立横浜商業高等学校(よこはましりつ よこはましょうぎょうこうとうがっこう)は神奈川県横浜市南区にある、全日制の商業科および国際学科、スポーツマネジメント科と別科(理容科・美容科)を持つ市立高等学校。
校章および学生帽、野球部のユニフォームにあるYのマークからY校(ワイこう)という愛称で親しまれている。
現存する神奈川県内の公立高校としては、最も古い歴史を持つ。
校歌は、森鷗外(森林太郎)によって作詞された。
同窓会は進交会(しんこうかい)。
同会は、Y校と横浜市立大学(市大)、および市大の前身である横浜市立横浜商業専門学校(Y専)の3校の卒業生を会員とする。
ただし別科は独立した同窓会組織となっている。
なお、定時制は横浜市立港高等学校、横浜市立横浜工業高等学校と発展的に統合される形で横浜市立横浜総合高等学校へ移行、2005年(平成17年)3月をもって閉鎖。
1916年に作られた校歌は、作詞を森鷗外(本名の森 林太郎で出している)が手がけている。
全国高等学校野球選手権神奈川県大会・校歌斉唱の様子(2007年7月21日) 2007年全国高等学校野球選手権神奈川県大会 地区予選・柏木学園との3回戦勝利後の横浜スタジアム・スコアボード 硬式野球部は1896年(明治29年)に創部された。
創部のきっかけは、同年5月23日と6月5日に行われた、旧制一高(現在の東京大学)野球部とYC&ACとの対戦試合である。
この試合で旧制一高野球部はそれぞれ29対4、32対9で大勝するが、Y校関係者はこの試合の応援に駆けつけ、勝利した一高野球部員と懇意になり、応援のお礼として一高側はボールとバットを贈り、それをきっかけとしてその後の野球部創立となった。
創部時のコーチは一高投手の青井鉞男であった。
Y校野球部は創部以来、関東における戦前の中等学校野球 – 戦後の高校野球の牽引役となった。
1923年(大正12年)夏、神奈川県の学校として初めて甲子園大会(第9回全国中等学校優勝野球大会。現在の全国高等学校野球選手権大会)に出場した。
以後、春(選抜高等学校野球大会)9回、夏7回、甲子園に出場している。
1983年(昭和58年)春の第55回選抜高等学校野球大会と、同年夏の第65回全国高等学校野球選手権大会で春夏連続の準優勝を果たした。
神奈川県公立高校の春夏の準優勝以上の戦績はこれ以降、2020年現在までない。
横浜高校との試合は「YY決戦」「YY戦」と呼ばれ親しまれている。
横浜スタジアムでの試合時には、横浜商のスコアボードのチーム名表記は「Y」となる(Y校は公立、横浜高校は私立である)。
また、TVKテレビの高校野球中継でのチーム名表記も、90年代後半まで一貫して「Y」であった。
野球部の部員数は県下最大ではあるが、近年は初戦で敗退したり、復活したと思えば慶應高校に大敗を喫するなど、かつての強さに陰りが見えている。
現在、全国高等学校野球選手権大会は1990年(平成2年)夏の第72回大会が最後の出場となっており、これが県下の公立高校硬式野球部にとっても最後となっている(普通科の公立高校にいたっては、1951年の夏に行われた第33回大会出場の希望ヶ丘高校が最後となっている)。
選抜高等学校野球大会も、1997年春の第69回大会以来出場していない(これが2017年現在神奈川県の公立高校最後の選抜出場となっている)。
ちなみに、1990年夏の第72回大会1回戦の対戦校は、Y校の校歌を作詞した森鴎外の生誕地島根県津和野町にある津和野高校で、5-1でY校が勝利した。

https://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/06/unnamed-file-6.jpghttps://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/06/unnamed-file-6-225x150.jpgtsutomu高校野球横浜市立横浜商業高等学校, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=237864 / CC BY SA 3.0 #横浜市の公立高等学校 #日本の商業に関する学科設置高等学校 #日本の体育に関する学科設置高等学校 #日本の国際関係に関する学科設置高等学校 #日本のその他専門教育を施す学科設置高等学校 #横浜市南区の学校 #全国高等学校野球選手権大会出場校 #選抜高等学校野球大会出場校 #全国高等学校ラグビーフットボール大会出場校 #1882年設立の教育機関 横浜市立横浜商業高等学校(よこはましりつ よこはましょうぎょうこうとうがっこう)は神奈川県横浜市南区にある、全日制の商業科および国際学科、スポーツマネジメント科と別科(理容科・美容科)を持つ市立高等学校。 校章および学生帽、野球部のユニフォームにあるYのマークからY校(ワイこう)という愛称で親しまれている。 現存する神奈川県内の公立高校としては、最も古い歴史を持つ。 校歌は、森鷗外(森林太郎)によって作詞された。 同窓会は進交会(しんこうかい)。 同会は、Y校と横浜市立大学(市大)、および市大の前身である横浜市立横浜商業専門学校(Y専)の3校の卒業生を会員とする。 ただし別科は独立した同窓会組織となっている。 なお、定時制は横浜市立港高等学校、横浜市立横浜工業高等学校と発展的に統合される形で横浜市立横浜総合高等学校へ移行、2005年(平成17年)3月をもって閉鎖。 1916年に作られた校歌は、作詞を森鷗外(本名の森 林太郎で出している)が手がけている。 全国高等学校野球選手権神奈川県大会・校歌斉唱の様子(2007年7月21日) 2007年全国高等学校野球選手権神奈川県大会 地区予選・柏木学園との3回戦勝利後の横浜スタジアム・スコアボード 硬式野球部は1896年(明治29年)に創部された。 創部のきっかけは、同年5月23日と6月5日に行われた、旧制一高(現在の東京大学)野球部とYC&ACとの対戦試合である。 この試合で旧制一高野球部はそれぞれ29対4、32対9で大勝するが、Y校関係者はこの試合の応援に駆けつけ、勝利した一高野球部員と懇意になり、応援のお礼として一高側はボールとバットを贈り、それをきっかけとしてその後の野球部創立となった。 創部時のコーチは一高投手の青井鉞男であった。 Y校野球部は創部以来、関東における戦前の中等学校野球 - 戦後の高校野球の牽引役となった。 1923年(大正12年)夏、神奈川県の学校として初めて甲子園大会(第9回全国中等学校優勝野球大会。現在の全国高等学校野球選手権大会)に出場した。 以後、春(選抜高等学校野球大会)9回、夏7回、甲子園に出場している。 1983年(昭和58年)春の第55回選抜高等学校野球大会と、同年夏の第65回全国高等学校野球選手権大会で春夏連続の準優勝を果たした。 神奈川県公立高校の春夏の準優勝以上の戦績はこれ以降、2020年現在までない。 横浜高校との試合は「YY決戦」「YY戦」と呼ばれ親しまれている。 横浜スタジアムでの試合時には、横浜商のスコアボードのチーム名表記は「Y」となる(Y校は公立、横浜高校は私立である)。 また、TVKテレビの高校野球中継でのチーム名表記も、90年代後半まで一貫して「Y」であった。 野球部の部員数は県下最大ではあるが、近年は初戦で敗退したり、復活したと思えば慶應高校に大敗を喫するなど、かつての強さに陰りが見えている。 現在、全国高等学校野球選手権大会は1990年(平成2年)夏の第72回大会が最後の出場となっており、これが県下の公立高校硬式野球部にとっても最後となっている(普通科の公立高校にいたっては、1951年の夏に行われた第33回大会出場の希望ヶ丘高校が最後となっている)。 選抜高等学校野球大会も、1997年春の第69回大会以来出場していない(これが2017年現在神奈川県の公立高校最後の選抜出場となっている)。 ちなみに、1990年夏の第72回大会1回戦の対戦校は、Y校の校歌を作詞した森鴎外の生誕地島根県津和野町にある津和野高校で、5-1でY校が勝利した。野球動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。