FavoriteLoadingお気に入りに追加

愛媛県立松山商業高等学校, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=248541 / CC BY SA 3.0

#愛媛県の公立高等学校
#愛媛県の定時制高等学校
#松山市の高等学校
#日本の商業に関する学科設置高等学校
#全国高等学校野球選手権大会出場校
#選抜高等学校野球大会出場校
#全国高等学校ラグビーフットボール大会出場校
#1901年設立の教育機関
愛媛県立松山商業高等学校(えひめけんりつ まつやましょうぎょうこうとうがっこう、英語: Ehime Prefectural Matsuyama Commercial High School)は、愛媛県松山市旭町にある公立高等学校。
略称は松山商業、松山商、松商。
全日制(商業科・流通経済科・地域ビジネス科・情報ビジネス科)と定時制(商業科)からなる。
資格取得に力を入れており、全国商業高等学校協会主催の検定9種目の取得を目標としている。
2012(平成24)年度には、情報ビジネス科クラスが2年生時でクラス40人全員が3種類以上1級を合格する「多種目合格」を達成しており、2年生のうちにクラス全員が達成するのはごくまれだと言われている。
また、部活動が盛んで、多くの部活動が全国大会などに出場している。
※全国大会レベルの記録を残した部活動について記述する。
甲子園通算80勝(全国優勝7回)を挙げており、高校野球関連の書籍で名門校と言及されている。
2016年現在の春夏の成績の内訳は、夏の選手権大会で60勝(出場26回、全国優勝5回、全国準優勝3回、勝利数全国2位)、春の選抜大会で20勝(出場16回、全国優勝2回、全国準優勝1回、勝利数全国20位)。
夏の選手権大会では、公立高校として全国最多の勝利数であり、このことから「夏将軍」と呼ばれている。
高校野球史上で唯一、大正・昭和・平成の各元号下で全国制覇を果たしている。
名試合として、 などが挙げられる。
また、野球殿堂入りOBを含め、多くのプロ野球選手を輩出している(全国高等学校野球選手権大会 (愛媛県勢)および選抜高等学校野球大会 (愛媛県勢)を参照)。
歴代監督は伝統的に同校野球部OBが務めるのが慣例であったが、教職員の人事異動に伴い2009年8月に就任した重澤和史は今治西野球部OBであり創立以来史上初めて外部出身の監督が就任する形となった。
2016年現在、全国高等学校駅伝競走大会に10回出場している。
オリンピック選手の土佐礼子が卒業生である。
1987年の第32回全国高等学校軟式野球選手権大会で優勝している。
2018年の第63回全国高等学校軟式野球選手権大会に出場している。
2013年に愛媛県予選を突破し、第92回全国高等学校サッカー選手権大会に出場したことにより、50年ぶり6回目(前回の出場は1963年)となる全国大会出場を果たした。
2010年現在、全国高等学校ラグビーフットボール大会に7回出場している。
1995年、2001年の全国高等学校総合体育大会ハンドボール競技大会に出場している。
2014年の全国高等学校ソフトボール選抜大会に出場している。
2015年、2016年、2017年の全日本卓球選手権大会、2015年の全国高等学校選抜卓球大会、2015年、2016年、2017年、2018年の全国高等学校総合体育大会卓球競技大会に出場している。
(プロ野球) (高校野球指導者) (政財界) (プロ野球) (アマチュア野球) (高校野球指導者) (ラグビー) (サッカー) (陸上競技) (その他)

https://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/06/unnamed-file-5.jpghttps://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/06/unnamed-file-5-225x150.jpgtsutomu高校野球愛媛県立松山商業高等学校, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=248541 / CC BY SA 3.0 #愛媛県の公立高等学校 #愛媛県の定時制高等学校 #松山市の高等学校 #日本の商業に関する学科設置高等学校 #全国高等学校野球選手権大会出場校 #選抜高等学校野球大会出場校 #全国高等学校ラグビーフットボール大会出場校 #1901年設立の教育機関 愛媛県立松山商業高等学校(えひめけんりつ まつやましょうぎょうこうとうがっこう、英語: Ehime Prefectural Matsuyama Commercial High School)は、愛媛県松山市旭町にある公立高等学校。 略称は松山商業、松山商、松商。 全日制(商業科・流通経済科・地域ビジネス科・情報ビジネス科)と定時制(商業科)からなる。 資格取得に力を入れており、全国商業高等学校協会主催の検定9種目の取得を目標としている。 2012(平成24)年度には、情報ビジネス科クラスが2年生時でクラス40人全員が3種類以上1級を合格する「多種目合格」を達成しており、2年生のうちにクラス全員が達成するのはごくまれだと言われている。 また、部活動が盛んで、多くの部活動が全国大会などに出場している。 ※全国大会レベルの記録を残した部活動について記述する。 甲子園通算80勝(全国優勝7回)を挙げており、高校野球関連の書籍で名門校と言及されている。 2016年現在の春夏の成績の内訳は、夏の選手権大会で60勝(出場26回、全国優勝5回、全国準優勝3回、勝利数全国2位)、春の選抜大会で20勝(出場16回、全国優勝2回、全国準優勝1回、勝利数全国20位)。 夏の選手権大会では、公立高校として全国最多の勝利数であり、このことから「夏将軍」と呼ばれている。 高校野球史上で唯一、大正・昭和・平成の各元号下で全国制覇を果たしている。 名試合として、 などが挙げられる。 また、野球殿堂入りOBを含め、多くのプロ野球選手を輩出している(全国高等学校野球選手権大会 (愛媛県勢)および選抜高等学校野球大会 (愛媛県勢)を参照)。 歴代監督は伝統的に同校野球部OBが務めるのが慣例であったが、教職員の人事異動に伴い2009年8月に就任した重澤和史は今治西野球部OBであり創立以来史上初めて外部出身の監督が就任する形となった。 2016年現在、全国高等学校駅伝競走大会に10回出場している。 オリンピック選手の土佐礼子が卒業生である。 1987年の第32回全国高等学校軟式野球選手権大会で優勝している。 2018年の第63回全国高等学校軟式野球選手権大会に出場している。 2013年に愛媛県予選を突破し、第92回全国高等学校サッカー選手権大会に出場したことにより、50年ぶり6回目(前回の出場は1963年)となる全国大会出場を果たした。 2010年現在、全国高等学校ラグビーフットボール大会に7回出場している。 1995年、2001年の全国高等学校総合体育大会ハンドボール競技大会に出場している。 2014年の全国高等学校ソフトボール選抜大会に出場している。 2015年、2016年、2017年の全日本卓球選手権大会、2015年の全国高等学校選抜卓球大会、2015年、2016年、2017年、2018年の全国高等学校総合体育大会卓球競技大会に出場している。 (プロ野球) (高校野球指導者) (政財界) (プロ野球) (アマチュア野球) (高校野球指導者) (ラグビー) (サッカー) (陸上競技) (その他)野球動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。