FavoriteLoadingお気に入りに追加

第93回選抜高校野球大会(甲子園)第5日(3/24)の第2試合はともに春夏通じて初出場の京都国際(京都)が延長10回の末、県立ながら昨秋の東北大会準優勝校・柴田(宮城)に5-4で競り勝った。3-3で迎えた10回、3番・中川選手のライト前タイムリーなどで2点を勝ち越し。粘る相手を振り切り歴史的勝利!

そして聖地にこの韓国語校歌が流れました。
韓国系高校である京都国際の校歌は開校以来、韓国語の歌詞を採用。甲子園の舞台に外国系校が進出したのは初めてとあって大きな話題となりました。
学校側のコメントで「近い将来、校歌を変えたほうがより良い学校運営につながるのであれば、今の子供たちに合った新しい校歌を作る考えがあります」とのことで、次回出場の際は違ったものの可能性もあり、貴重な一コマになるかもしれません。
SNSで沸き起こった校歌への賛否はさておき、この勝利のために頑張ってきた選手のみなさんにはリスペクトしかありません。
#京都国際 #甲子園 #柴田高校

https://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/04/2021-vs.jpghttps://baseball.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/04/2021-vs-225x150.jpgtsutomu高校野球第93回選抜高校野球大会(甲子園)第5日(3/24)の第2試合はともに春夏通じて初出場の京都国際(京都)が延長10回の末、県立ながら昨秋の東北大会準優勝校・柴田(宮城)に5-4で競り勝った。3-3で迎えた10回、3番・中川選手のライト前タイムリーなどで2点を勝ち越し。粘る相手を振り切り歴史的勝利! そして聖地にこの韓国語校歌が流れました。 韓国系高校である京都国際の校歌は開校以来、韓国語の歌詞を採用。甲子園の舞台に外国系校が進出したのは初めてとあって大きな話題となりました。 学校側のコメントで「近い将来、校歌を変えたほうがより良い学校運営につながるのであれば、今の子供たちに合った新しい校歌を作る考えがあります」とのことで、次回出場の際は違ったものの可能性もあり、貴重な一コマになるかもしれません。 SNSで沸き起こった校歌への賛否はさておき、この勝利のために頑張ってきた選手のみなさんにはリスペクトしかありません。 #京都国際 #甲子園 #柴田高校野球動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。